« 宝塚BOYS | トップページ | オーシャンズ13 試写会 »

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団を観て来ました。
109シネマズ川崎でウィーズリー兄弟役のジェイムズ&オリヴァー・フェルプスの舞台挨拶があるというので頑張ってチケットをゲットしてみました。
登場人物が皆大人になってしまっているのに最初はとまどいましたが、それは最初のうちだけでした。このシリーズは原作を上手く映画にしていると思うのですが、今回も同じように感じました。
兄弟役の二人が見所としてあげていた花火のシーンも、とても迫力がありました。

でも原作を読んだのがかなり前で、実はほとんど内容を忘れてしまっていたので、かなりびっくりした場面が何箇所も。続きが気になってしかたないので、買っただけで読んでいなかった続編を今夜から読もうと思います。


舞台挨拶は二人とも格好良く、でも気さくな感じで客席にもかなり手を振ってくれたりで頑張った甲斐がありました。
司会の人も結構ノリがよくていい感じだったのですが、通訳の人が下手というかなんというかでちょっと不満ではありました。司会の人が話している内容を伝えるのにマイクを使わないので、かなり長身の二人に伝わりにくいらしくて時間がかかっていたし、その後でスピーチの内容を通訳するのも手元のメモ(?)を見て読んでいるだけという感じ。私のつたない英語力でも、それかなり省略してない?とか思ってしまいました。たぶん事前に内容を打ち合わせしておいて、それを読んでいるだけなんじゃないのかなぁという感じ。(でもそれにしては変な日本語になってた時もあるけど)
今まで舞台挨拶の満足度って、司会で決まると思っていたのですが。今回通訳でも変わるな~とつくづく思いました。

ところで舞台挨拶のあと、ラゾーナ川崎のナムコ ヒーローズベースで二人のサイン会と握手会があるというのは知らなかったのですが、舞台挨拶が終わった途端に出て行った人達はそっちに行ったんでしょうね。熱心なファンだったら映画自体は既に観ているんだろうし。凄いな。

|

« 宝塚BOYS | トップページ | オーシャンズ13 試写会 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

サイン会はあまり公にされていなかったのですね。ラゾーナ川崎の場所が狭いから、あまり人が入れないし、、という主催者側の配慮だったのかもしれませんね。

タッチできた人、いいなぁ~(ミーハー? 笑)

それにしても、たまたまニフティのトップページの『旬の話題ブログ』を見ていてこちらに飛んできました。
不思議なご縁です!
また時々、来させていただきますねー☆

投稿: かわいい不死鳥 | 2007/07/23 13:29

こちらこそ、そう言って頂いてありがとうございます。

私もサイン会の事は知らなくて、司会の方が言うのを聞いてびっくり。周囲の反応も同じようだったので、知らない人が多かったと思います。あんまり宣伝してなかったのかな。せっかくの来日なのにもったいないですよね。

舞台挨拶では、片方が通訳と話している間、もう一方は客席に笑顔で手を振って間を持たせてくれていました。最後は客席にいた女の子二人から花束贈呈。はける時は客席通路を通っていったので、その近くの席の人はタッチしてもらえてたみたいで羨ましかったです。(私の席ははるか遠くでした)

とにかくお二人の背が高いのと、素敵な笑顔が印象的でした。

投稿: ゆか | 2007/07/22 22:41

わぁー!ウィーズリー兄弟の舞台挨拶とサイン会があったのですかーー!!
行けばよかった~~~(><;)

でも、ブログ読ませていただいて、雰囲気がなんとなく伝わってきましたよ!

ありがとう~

投稿: かわいい不死鳥 | 2007/07/22 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27304/15835402

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」子供には難しく、大人には... [soramove]
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2007年、イギリス ハリーも随分と大人になりました。 子供っぽく見せようと丸メガネと前髪おろしで なんとか誤魔化してるけどね。 規律に厳しい女性の...... [続きを読む]

受信: 2007/08/03 00:03

« 宝塚BOYS | トップページ | オーシャンズ13 試写会 »