« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

「アマルフィ 女神の報酬」 舞台挨拶

「アマルフィ 女神の報酬」 大ヒット御礼舞台挨拶(チネチッタ)に行ってきました。
登壇者は織田祐二、天海祐希、西谷弘監督の三人。

舞台挨拶は上映後だったのですが、上映開始時間より結構早めにチネチッタに行った所、通路にレッドカーペットならぬイタリア国旗色絨毯を敷いている作業中でした。ガードマンもいっぱいで、何があるのか聞いてみた所、ここを織田さん達が歩くとの事。それは知らなかったので、一瞬ラッキー!と思ったのですが、予定時間は上映真っ最中。映画自体も、まだ見た事なくて楽しみにしていたので、こちらは諦めました。

舞台挨拶は、フジテレビアナウンサーが司会で、段取り良く進んでとても楽しめました。
上映後だった事もあって、ネタばれを気にしなくて済んだのも良かったのかも。
ちょっとした裏話も聞けたり(プロデューサーからお許しが出たとか(^^;)、時間も結構長かったので嬉しかったです。

織田さんは、「アマルフィビギンズ」を是非見て欲しいと強く言っていたのですが、私はdocomoじゃないので見る事が出来ないんですよね~。残念。
それを見れば、どうしてこのような行動をしたのか理解出来るとか。(う~ん。誰かに見せてもらうべきか…)
劇中では流暢なイタリア語を話す織田さんですが、実際は全然だそうで。今回覚えた言葉は日常会話では使えないようなものが多く、使えそうなのは唯一「おやすみ」だけだそうで。そこで客席から「言ってー!」という声が。会場中の拍手に促されてちゃんと言ってくれました。ここにイタリア人いないよね、と確認した後ででしたが(^^;

天海さんは、今回の役のようにちょっと弱い所を見せる部分が素の自分に近くて、BOSSとかで強い女というイメージで見られる事が多いけど、それは違うんですよ、とか。開場中笑いが起きてしましたが(^^;(って言うか、織田さんも監督も笑っていたような?)

フォトセッション前には、8日が誕生日の天海さんに、アマルフィチームからという事でプレゼントが。イタリア国旗色の花カゴとイタリアワイン。本当にサプライズだったらしく、天海さんはかなり感動していたような。誰もいなかったら泣いてたとか(^^;
プレゼントは結構重かったようなのですが、撮影中もずっとそれを持ったままでした。


映画は、ずっと飽きる事なくどきどきが続いて、とても面白かったです。
公開前にテレビで身代金受け渡しのシーンをやっていたので、そんなクライマックスを見せてしまって大丈夫なのかと思ったのですが。


<ちょっとネタばれ?>
あのシーンは、映画の中ではまだまだ前半部分だったのですね。そこから更にいろいろあるとは。

天海さんは、続編があるならぜひ出たいという事でした。でも、もし続編があるとしたら、そこでは新しい事件が起きていて、そこには新しいヒロインがいるんだろうから、出方はちょっと微妙になるかな~とか余計な事を考えてしまいました。

<ネタばれ終わり>

最後まで見て、全部わかった上でもう1回見たら、今度は違う見方が出来そうな映画だな~、と思いました。
最初は劇場内寒かったのですが、見終わる頃には興奮で汗をかくほど。見ごたえのある映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »