« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

アバター

ようやくアバターを観てきました。
同じ3Dでも違いがあるというので、評判の良いIMAX(吹替え)で。
自分は眼鏡の上から、更に3D用眼鏡をかけたのですが、軽いという評判通り全然気になりませんでした。

3D映画を観たのは初めてだったのですが、もう凄い!としか言えなかったです。
最初の「アリス・イン・ワンダーランド」の予告編が流れた時点でどよめきが(^^;
猫が顔の前に見えて、前の席の人が両腕を上げてて邪魔だと思ったら、それはスクリーン上のものだったり。

アバターの世界でも、森の中を歩いているシーンでは、自分の顔にかかりそうな枝とか葉を思わず払いたくなったり。とにかく迫力が違いますね。


<すっごくネタばれ>

アバターでしか生きられない、本来の自分の生身そのままではダメな世界では、どうやってもハッピーエンドになるはずがないと思ったのですが、あんな裏技があったとは。
ストーリー自体は、単純な感じもしましたが、思わず涙ぐんでしまった所もいくつかあったり。

最初にCMで見た時は、あの青い人が気持ち悪いと思ってしまったのですけど、ちゃんと映画を見てみたら、途中から可愛いとか格好良いとか感じていました。
人間が負けた時にも凄くうれしかったし(^^;


この映画を観ていたら、宮崎アニメを実写化したら、こんな感じなのかな~と思いました。
ナウシカの腐海・オームの暴走とか、ラピュタがいっぱいある!とか(^^;

で、飛行動物に乗っているシーンを見て、やっぱりアン マキャフリイのパーンの竜騎士シリーズも実写化して欲しいなぁ、と改めて思いました。これなら実写化されてがっかり、という事にはならないと思うので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「猿ロック THE MOVIE」試写会

「猿ロック THE MOVIE」試写会(新宿安田生命ホール)に行ってきました。

ちらしでは、マンホールから上半身を出している主人公だったので、先日見たゴールデン・スランバーのような逃亡劇なのかと思ったらちょっと違いました。逃げてはいたけど。

典型的な少年漫画の主人公という感じで、あんまりまっすぐすぎて、ちょっと苦手なタイプかも(^^;
まあ、自分の信念を曲げずに約束した事を守れて良かったね、という感じ。

天才的なカギ師という事で、鍵を開けるいろいろを期待していたのですが、あんまりなくて残念。
これは漫画もドラマも見た事ないせいかな?


<ちょっと(?)ネタばれ>


凝ったからくりも出てきたけど、それを解くきっかけをつかんだのは主人公じゃなかったし。

あと、妄想が激しすぎて、どこまでが本当の事なのかわからなくなったり。まあ、主人公に都合の良い出来事はすべて妄想だと思っておけば良いのかな?(^^;
でも、エンディング中のシーンは妄想じゃないんですよね?
あれってタヌキ寝入りなのかと思ったのですが。どうなんでしょう?
でも中身を入れ替えておいたという事は、そういう展開になると思ったからだとすれば、やっぱり起きてたのかな?そうだとすると、最初に思ったより良い男なのかも?(というか、中身はどこに行ったのだ?あと、入れ替えたものはいつ準備したの?? そういうのは気にしたらダメなのかな)

とにかく、女の子大好きな主人公が、男のロマン(でしたっけ?)を見たりしている時に発する声がキモくて(^^;
他のドラマとかでそう思った事ないんで、それも役作りなんでしょうかね。なんだかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」試写会

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」試写会(よみうりホール)に行ってきました。

評判通り面白かった~!
単純に言えば、ハリポタとか指輪物語が好きな人には特にお勧めです。

話がさくさく進んでいたのも好印象。原作では続きがあるようですが、この映画だけでも物語が完結しているので、見終わった時の満足感も大きかったです。
(いや、正直最初のうちは、期限があるのに訓練しないととか言い始めたので、今回は冒険(?)に出る前までで終わってしまうのかと思ってしまいましたよ)

あ、もちろんエンドロールが始まったからと言ってすぐ席を立ってはいけませんよ!
損しちゃいますからね~!

いや、しかし神様の子供だってだけで、生まれ持った能力があるのは良いけど、この物語の中では苦労するばっかりで、あんまり良い事ないようで、私もそうだったらな~なんて思うはずもなかったのでした。
(そんな感じのアンケートがあったので)

アンケートでは続編を期待しますか?という設問があったので、大きく花マルつけてきました。

見に行く前にギリシア神話の主な神々の名前とか能力とかを知っておくと、より楽しめると思います。
(「足に翼」で○○○○ってわかると更にいいかも)

<ちょっとネタばれ>

それを何故最初から使わない!と思うシーンもあったり。
あと、オリンポスに行くのに、入口がそこ!? しかも仕組みがそれ!?って感じで。
冥界に行くのは割とすんなり見れたのですけどね(^^;


あと、神々は人間との間にいっぱい子供を作っているのに、子供にあっちゃいけないとか。
思った以上にいっぱいいたので、無責任だなぁ(^^;とか思ってしまいましたよ。
まあ、主人公母子は暮らしに困ってはいなさそうだったから、そういう面ではなにかしてるのかもしれないけど…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »