« 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」試写会 | トップページ | アバター »

「猿ロック THE MOVIE」試写会

「猿ロック THE MOVIE」試写会(新宿安田生命ホール)に行ってきました。

ちらしでは、マンホールから上半身を出している主人公だったので、先日見たゴールデン・スランバーのような逃亡劇なのかと思ったらちょっと違いました。逃げてはいたけど。

典型的な少年漫画の主人公という感じで、あんまりまっすぐすぎて、ちょっと苦手なタイプかも(^^;
まあ、自分の信念を曲げずに約束した事を守れて良かったね、という感じ。

天才的なカギ師という事で、鍵を開けるいろいろを期待していたのですが、あんまりなくて残念。
これは漫画もドラマも見た事ないせいかな?


<ちょっと(?)ネタばれ>


凝ったからくりも出てきたけど、それを解くきっかけをつかんだのは主人公じゃなかったし。

あと、妄想が激しすぎて、どこまでが本当の事なのかわからなくなったり。まあ、主人公に都合の良い出来事はすべて妄想だと思っておけば良いのかな?(^^;
でも、エンディング中のシーンは妄想じゃないんですよね?
あれってタヌキ寝入りなのかと思ったのですが。どうなんでしょう?
でも中身を入れ替えておいたという事は、そういう展開になると思ったからだとすれば、やっぱり起きてたのかな?そうだとすると、最初に思ったより良い男なのかも?(というか、中身はどこに行ったのだ?あと、入れ替えたものはいつ準備したの?? そういうのは気にしたらダメなのかな)

とにかく、女の子大好きな主人公が、男のロマン(でしたっけ?)を見たりしている時に発する声がキモくて(^^;
他のドラマとかでそう思った事ないんで、それも役作りなんでしょうかね。なんだかな。

|

« 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」試写会 | トップページ | アバター »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27304/47655935

この記事へのトラックバック一覧です: 「猿ロック THE MOVIE」試写会:

» 映画「猿ロック THE MOVIE」市原隼人が市原隼人のキャラでガンバリます [soramove]
「猿ロック THE MOVIE」★★★ 市原隼人、芦名星、渡部豪太、高岡蒼甫、比嘉愛未、小西真奈美 主演 前田哲 監督、112分 、 2010年2月27日公開、2010,日本,SDP、ショウゲート (原題:猿ロック THE MOVIE )                      →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「そういえば深夜枠で活きの良いドラマやってたな、 人気があったんだろう映画化ということで どんな出来か劇場へ。 ... [続きを読む]

受信: 2010/03/07 08:33

« 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」試写会 | トップページ | アバター »